大阪 梅田と東京 自由が丘の素の爪のケアだけしかしないサロンです。自爪ケア・ネイルケアのみで、深爪、爪噛み癖、二枚爪、剥離は繰り返さなくなります。

爪のピンクを伸ばす方法

爪のピンク部分のことを、ネイルベッド、爪床(そうしょう)と呼びます。

爪のピンク部分は、爪を何かに当てなければ、必ず伸びます。

逆にピンク部分を小さくしたければ、毎日、爪を酷使すれば、どんどん小さくなります。

爪が弱くても、薄くても、爪に何かが当たらなければ、欠けたり、割れたり、はがれたりしません。

ピンク部分を伸ばすのに、お金はかかりません。

「爪を当てない」「爪を使わない」「爪切りを使わない」、この3つを強く意識して実践するだけでピンクは必ず伸びます。

  • 爪を当てない→指の「腹」「関節」を駆使します。
  • 爪を利用しない→道具を利用します。
  • 爪切りを使わない→紙製の爪やすりを使います。
  • どんなにオイルを塗っても、爪を酷使したら、爪は欠けるか、はがれます。

    どんなに爪切りを使わなくても、爪を酷使すれば、ピンクは大きくなりません。

    ピンクを大きくしたければ、爪を当てない方法、爪を使わない方法を身につける必要があるんです。

    爪を当てないみかんのむき方【道具を利用】

    道具がないときのシールのはがし方【爪はがれ防止】

    爪を傷めない洗濯物の取り出し方【指の腹】

    爪切りと素爪専用やすりの違い【紙製】

    PAGETOP
    Copyright © 育爪サロン ラメリック All Rights Reserved.
    育爪,爪育,ikuzumeは有限会社リラロータスの登録商標です.