先日ご近所が台湾旅行へ行ってきました。

もちろん、お土産は食べ物です。
それは、ご近所が大好きなパイナップルケーキでした。

ラメリックもご近所の影響を受けて国産のパイナップルケーキを買ってみましたが、どこが美味しいか全くわかりませんでした。
しかし、ご近所オススメの阪急梅田にある小龍包屋さん鼎泰豊(ディンタイフォン)のパイナップルケーキを食べた時に、初めてその美味しさがわかりました。

ラメリックは一旦はまると深掘りして追及したくなる性格なんです。

今回のパイナップルケーキは、ご近所が台湾で食べ比べの結果、厳選して2つにしぼって、買ってきてくれたものです。
それは、それは楽しみにしていました。

1つは、ホテルオークラのパイナップルケーキです。やはり台湾通には名前が通っていました。
もう1つは東京青山にも支店を出しているサニーヒルズでした。

荷物が届いてすぐ食べたのはホテルオークラのでした。
外側のクッキー生地が固くてバターの味も濃くて洋風菓子風です。
餡は甘いのですが、パイナップルの酸っぱみがアッサリさせてくれます。

次にサニーヒルズを食べました。
こちらの外側はオークラよりは固くなくバターもそれほどは濃くない生地です。
しかし、餡が別物でした。このパイナップル餡を創り出した人は、国宝物だと思いました。
何度作り直したか想像出来ないくらいです。エジソンの電気の発明の回数に匹敵するかもしれません。

第1回目の食べ比べは甲乙つけがたかったのですが、餡よりクッキー生地重視のラメリックはホテルオークラになりました。

写真右がホテルオークラで密封はされてなく1つ1つ違う包装紙にテープでとめています。
左がサニーヒルズで密封されています。

続く

サニーヒルズとホテルークラ

サニーヒルズとホテルークラ