100103_173614_ed  100124_221707

こんにちは。

実は安夢呂、ひそかに歯列矯正をしていました。
今は最終段階のワイヤーをつけているので、
「矯正してるのね!」と気付いてくれる方が増えましたが、
それまでは取り外しの出来る装置を使い、
ほぼ苦労も痛みもなく少しづつ歯を動かしてきました。

安夢呂がお世話になっている先生は、歯列不正はアゴと
歯の大きさの不一致から生じるので、問題は歯が並ばない程
委縮したアゴにあると考えています。

歯を数本抜いて歯が並ぶスペースを作るというやり方ではなく、
「歯の並ばない小さなアゴを本来の正常なアゴの大きさに拡げよう!」
というものなのです。

なので、まずは歯が全部並ぶようにアゴを拡げました。
床装置を使うのですが、自由に取り外しが出来るので
食事制限もなく、ストレスもたまりませんでした。

安夢呂の場合は3日に1度、装置についている
ネジを回して装置を拡げていき、
その度に歯も少しづつ動いていきました。(写真左)

歯が動く時の「痛み」というのはほとんどなく、
どちらかというと「痒い」という感覚で、歯が動いているという
「喜び」がとても大きかったです。

そして今は、ワイヤーをつけて歯の生えている
角度などを微調整していっています。

月1ペースで歯医者に行っているのですが、
少しづつ変わってく自分の歯を見るのが
とても楽しくて仕方ありません。

歯列矯正は、ギンギラのワイヤーをつけて痛いし大変!
というイメージがあったのですが、
全然そんな事はなく、楽しみながらできました。

あと約半年の矯正生活を満喫していきたいと思います。
写真右は安夢呂の矯正方法が書いてある本です。