大阪 梅田と東京 自由が丘の素の爪のケアだけしかしないサロンです。自爪ケア・ネイルケアのみで、深爪、爪噛み癖、二枚爪、剥離は繰り返さなくなります。

スタッフ募集

大好きなことをして人に喜ばれながら

収入を得て、人生の目的に向かって

挑戦しながら自分らしくイキイキと

充実した毎日を過ごしたいあなたへ



嶋田 美津惠
東京都 目黒区,
育爪サロン ラメリックにて。

好きなことで収入を得ることは可能でしょうか?

もし、あなたが、

「お金を得るためには、毎日我慢しながら
嫌な仕事をやらなければならない」

と感じているとしたら、それは、もしかしたら、
これまであなたが生きてきた中で出来上がった
思い込みかもしれません。

「大好きなことをして収入を
得ている人が身近にいない」

ということも、その思い込みが
強くなっている理由かもしれません。

育爪サロンのスタッフをはじめ、
わたしの周りには、大好きなことをして
収入を得ている人がたくさんいます。

反対に、お金のためにいやいや仕事を
している人がたくさんいることも、
最近、よく感じるようになりました。

好きなことをして収入を得ている人と、
嫌いなことをして収入を得ている人の、
なにが違うのか、ずっと考えていました。

そして、長いあいだ考えてきた結果、
その分岐点を生み出している
「3つの違い」を強く感じるようになりました。

あくまでも、わたしの仮説なので、
「宇宙の真実!」だとか、
「これこそ成功法則!」
というわけではありませんが…(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.自分の幸せとは何か考えたことがない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたは、どんなことをしているときに
幸せを感じていますか?

どんな状態のときに幸せだなぁと
感じていますか?

自分の幸せを感じるポイントを知っていると、
自分自身で意図的に幸せな状態に
持っていくことが出来るので、

いやなことがあってもすぐに
気分転換することができますし、

一日のうちで幸せな気分でいる時間を
長くすることができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.人生の目的を考えたことがない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたが今、人生を生きているのは、
何のためでしょうか?

あななたは何を目的(purpose)として、
人生を歩んでいるのでしょうか?

自分の人生の目的を知っていると、
つまらない、つらい、退屈といった気分に
なることがどんどん減っていきます。

どんな出来事が起こっても、
どんな事態に遭遇しても、

すべてが自分の人生の目的につながっていて、
人生の目的を果たすのに欠かせない
要素だということが分かるので、

落ち込んだり、悲しんだりすることが
少なくなっていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.自分らしさについて考えたことがない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
どんなところが、あなたらしさでしょうか?

あなたらしさとは、何でしょうか?

何が自分らしいのかを知っていると、
何かに接したときに、それが

「自分らしいのか、自分らしくないのか」

が直感的に分かるようになります。

職場の場合だと、

「ここにいたら自分らしさが死んでしまう」

と感じたり、

「ここにいたら自分らしさが発揮できる」

と感じたりします。

養鶏場(ようけいじょう)にいる
ニワトリさんに例えると、

自分に合っていない職場は、狭くて
身動きができないケージ(鳥かご)に入って、
エサを食べて水を飲んで卵を生む毎日を
繰り返すニワトリさんのイメージです。

自分に合っている職場は、屋外の敷地を
好きなように歩き回ったり、羽ばたいたり、
砂浴びしたりしている平飼いの養鶏場
にいるニワトリさんのイメージです。

どちらも養鶏場にいるのは同じですが、
ニワトリさんのイキイキ度・伸び伸び度・
ストレス・寿命は、全然違う
のではないかと思います。

育爪サロンが誰にとっても平飼いの
養鶏場だとは思っていません。

育爪サロンが合っている人にとっては
「平飼い」のように感じるでしょうし、

合わない人にとっては狭い「ケージ」に
入っているように感じると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3つのステップで確実になること
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「この3つのステップを踏めば、
必ず好きなことで収入を得られる」

わけではないですし、

「この3つのステップを踏まなければ、
好きなことで収入を得ることはできない」

わけでもありませんが、

「この3つをまったく意識しないよりは、
少しでも意識したほうが、好きなことで
収入を得られる可能性が高くなる」

ことは確かだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わたしのビジョン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わたしは爪のお手入れ方法に
育爪(いくづめ)という名前をつけて、

自分の爪をお手入れする方法と、
他人の爪をお手入れする方法を
ひろめています。

わたしの究極のビジョンは、

年齢も性別も関係なく、爪を飾っていようが、
飾っていまいが、世の中の誰もが、

「自分の爪を見るだけで幸せな気持ちになる」

という世界です。

幸せな人の近くにいると、
周りの人も幸せな気分になります。

幸せは伝染します。

「優越感」や「ステータス感」といった、
他人と比較して、相手に勝っているときに
いい気分になるのとは違います。

他人との比較は、終わりのない競争で、
優劣を天秤にかけて「優越感」と「劣等感」
を繰り返すシーソーゲームです。

「優越感」は周りの人に「劣等感」
をもたらしますが、幸せは周りの人に
「安心感」をもたらします。

キレイに飾った爪も素敵です。
気分が上がります。

飾っていないキレイな素の爪も素敵です。
気分が上がります。

これからますます、爪を見るだけで幸せを
感じる人が増えていって、世の中は幸せな人
だらけになってしまうんじゃないかと
わくわくしています…(笑)

もしあなたが、いま少しでもワクワク
していたら、この下にある育爪サロンの
スタッフが書いた手紙を読んでみてください…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
占い師を信じた結果
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
30代、⼥性、週5⽇勤務、⾃由が丘店、2006年2月~、Yukita/ユキータ(木村)

Yukitaは手タレになるか、爪に関わる仕事をするか、自分の手や爪を見てもらう仕事をしてみたいなぁ~と思っていました。

仕事を探す時にたまたま占い師さんのところへ行くことがあったので、そのことをきいてみました。

すると、「手タレはダメ!手のマッサージからでもいいから、ネイルサロンで働いてみたら?」と、言われました。

それを間に受けて、早速、仕事を探していると、ラメリックが目にとまったので、すぐに面接に行きました。手や足の爪に関わる仕事という点と、求人を出している責任者の名前を見て、直感で「ここにしよう」と決めました。

しかし、いざ働き始めると、Yukitaとは真逆のタイプのスタッフやお客様ばかりだったので、自分がお客様に受け入れてもらえないんじゃないかという不安しかありませんでした。

今では、そのままのYukitaを受け入れてくださることがわかったので、だいぶYukita全開で働くことができています。

働き始めて大変だったことの1つは、毎月1回その月の出来事をまとめたレポートのような提出物を書くことでした。そして、もう1つは技術の練習でした。

お店で1日働くだけでいっぱいいっぱいでしたが、当時はその後に友人と会って練習する日々が続きました。今は、技術も時間通りに出来るようになり、提出物もだんだん慣れてきたので大変だったことも、よい思い出になっています。

そして、2016年12月にマガジンハウスから発売された「育爪のススメ」で、数十ページに渡ってハンドモデルをさせて頂き、ラメリックで働く前の夢が一つ叶い、とても嬉しかったです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
接客が難しい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
30代、女性、週5日勤務、梅田店、2008年6月~、ご近所(松浦)

私はスカルプチュア(つけ爪)をつけるのを仕事にしたくてネイルスクールへ行きました。

スカルプチュアは「彫刻」という意味です。液体状のアクリル樹脂を爪の表面に塗って、乾燥させて固まった後に、彫刻のように削りながら形を作っていくことから、こう呼ぶそうです。

それまでは、アパレルの会社で販売員として働き、商品管理やコーディネートを提案する仕事をしていました。仕事は大好きだったのですが、サービス残業の毎日で、体力的にきつく、若いときしか出来ないと思っていました。

将来的に手に職をつけたいという思いからネイルスクールに通ったのですが、練習のために自分の爪にスカルプチュアをしていると、だんだんと爪が傷んでいきました。

ある日、料理をしている時にスカルプチュアをしている自分の爪が目に留まり、違和感を感じました。そんな時、求人誌でラメリックを見つけました。「あっ!こういう店があるんだ」と思い、すぐに面接にいきました。

働き始めて感じたことは、「普通の接客とは違う」ということです。手や足に触るので、お客様との距離が近く、1人のお客様の滞在時間が長いのです。しかも、お客様は繰り返し何年も来店されるので、1回しか会わない場合の接客とは全く違いました。

育爪はお店側の施術だけではなく、お客様にも自宅でやっていただくことがたくさんあり、双方でやらないと成立しません。

お客様に「信じて」もらい、さらにそれを「実行」してもらわないと、爪の状態は変わりません。

お客様が今まで信じてきたことが、爪の状態を作り上げています。今まで信じてきたことが、新しい思い込みに変わったときに、お客様の爪が変わります。

今まで自分がやってきた接客では全然ダメだということが分かり、敬語を使えるようにしたい、信頼を積み重ねていく接客を身に付けたい、と思うようになりました。

今でも接客で難しいと感じるところはありますが、お客様の爪が変わった時には、一緒に達成感を感じて、お客様とともに喜べるのが何より嬉しく感じています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飲食店→派遣社員→ヨガ講師→育爪士
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
40代、女性、週4日勤務、自由が丘店、2012年11月~、かもめ(水上)

もともと爪の形にコンプレクスがあり、妹がたまたまラメリックをみつけて、「お姉ちゃん!こんなお店があるよ」と教えてくれました。

ちょうど転職を考えていたのと、もともと接客や人に施術をすることが得意だと思っていたので、ここで働いてみたいと興味がわきました。

後日、お手入れの予約と、育爪スクールの申込をしに、自由が丘店へ行きました。

スクールが終わり、いざ店舗で働き始めて感じたことは、実は自分って接客には向いていないんじゃないか?ということでした。

今まで経験してきた飲食店やヨガ講師などの接客とは、お客様との距離感や親密度、接する時間や期間が大きく違い、戸惑いを感じて悩んだ時期もありました。

しかし、自分が持っていた思い込みが変わるに連れて、だんだんと接客や技術が楽しくなって来ました。

働き始めて4年半が経過し、今となっては、かつてのそんな戸惑いがウソのようで、毎日とても楽しく過ごしています。

♪「つらいと言ってはいけない」と思い込んでいた【14分41秒】保存する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平⽇はスーツを着てます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
30代、男性、オフィスワーカー、⽉1~2回土日勤務、⾃由が丘店、2013年12月~、ドーモ(匿名)

姉の代わりにネイルスクールへ行ったのが、ネイルとの出会いでした。そして技術を習得したら、姉にネイルを教えてあげたいと思っていました。

ネイルスクールではネイルの基礎から教わり、マニキュア、スカルプ、ジェルネイル等の勉強をして、日本ネイリスト検定も取得しました。しかし、その代償に自分の爪や知り合いの爪がどんどんボロボロになってしまいました。

ジェルをする際の爪の表面を削るサンディング。オフするときの強い溶液の影響。しかし、せっかく習ったことだから、ここで辞めるわけにはいかない、スクール代を無駄にしたくなかったんです。

たしかに、綺麗なカラーや可愛いアートもすごく魅力的だし好きでした。でも一番綺麗だったのは何もしないナチュラルネイルのときだと気付きました。

自爪が綺麗ならそれが一番幸せだと思うようになり、その思いがどんどん強くなっていったので、結局ネイルスクールは途中で辞めてしまいました。

そこから出会ったのがラメリックです。そして僕は平日は似合わないスーツを着てサラリーマンをしつつ、土日はスーツからエプロンに着替えてラメリックで育爪のお手伝いをしています。

会社の人は僕のエプロン姿なんて想像もできないと思います。今は毎月土日の1回か2回だけお店に出ています。

振り返ってみると、働きだして3年半が過ぎていました。スタッフやお客様に恵まれたから続いてるんだなと思います。

今は一通り技術が出来るようになってきましたが、まだまだ技術もスピードも向上させてお客様に喜んでもらえる自爪を追求したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
50を過ぎて始めました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
50代後半、⼥性、週3⽇勤務、梅⽥店、2015年10月~、こたつ猫(石本)

⼦供逹も ⼤⼈になり ⼿が離れて これからの⼈⽣ 何かできることは ないかな

⾃分が何かしてあげれて ⼈に喜んでもらえること 何かしたいなと 考えていました

ハンドマッサージとかなら できそうかな 習いに⾏ってみようかと思っていたのですが…

まずは その前に ⾃分の⽖を綺麗にしようと 検索し ラメリックに たどりつきました

早速 お店に ⾏って お⼿⼊れを してもらうと ⾃分の⽖が ⾒違えるように 綺麗になり
こんなふうに ⽖を綺麗にするんだと 感激しました

こんなお⼿⼊れが ⾃分で出来たらいいなぁ それに ハンドマッサージも 習えるとわかり
すぐに スクールに参加しました

思いがけず 綺麗になったお⽖に マッサージするときいつも 幸せな気分にります

50歳を過ぎて 始めた事なので 体⼒作りをしながら いつまで働けるか 挑戦しています

♪50代後半から働きはじめたきっかけ【14分54秒】 保存する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ジェルネイル専門店で働いていました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
20代後半、⼥性、週5⽇勤務、梅⽥店、2016年7月~、白米(原)

わたしはいつからか自分の存在で人を癒すことができたら、それが自分自身の喜びに繋がるということを感じるようになっていました。

中学生のときにたまたま見たテレビで、簡単な手のマッサージが紹介されていました。次の日に早速、友達に実践するとすごく喜んでくれました。

それがわたしも嬉しくて、いろんな人にそのマッサージをしました。人を癒せる仕事をしたいと考えていたわたしは、エステとネイルのどちらかの職業につきたいと思い、悩んでいました。

でもわたしは極度のこしょばがり(くすぐったがり)なので、自分では全身エステやフットマッサージなどを受けることができませんでした。

そのときに1番仲のいい友人から、「自分で体験できないのに、エステの仕事は無理じゃない?」とアドバイスをしてくれたので、ネイルの道に進もうと決意しました。

最初はジェルネイルのお店で働きました。でもジェルネイルをすると爪が傷んでしまって、自爪に自信が持てなくて悩んでるお客様にたくさん出会いました。

そこで、ネイルケアのほうに興味がわいてきたわたしは「ケア専門店 大阪」とGoogle検索をしてラメリックを知りました。

そして、ラメリックの育爪スクールに通い、働きはじめました。すると、ジェルのお店とは違うところが2点ありました。

1つ目は、お客様の年齢層です。ジェルのお店では20代の方が多かったのですが、ラメリックは30代、40代の方がたくさんいらっしゃいます。そうすると話す内容ももちろん変わってきます。2つ目は、お客様との会話に健康に関することが多いことでした。

初めは健康や自然志向の話を聞いて、会話についていくのが大変でしたが、今となってはその会話に慣れてきたのか、自然志向のことや、体にいいことに興味がわいてきました。そして今では、自分でも体にいいことの知識を増やしたいと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
事務を続けることへの疑問
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
40代、⼥性、週4⽇勤務、⾃由が丘店、2016年12月~、ロンシャン(矢島)

私はそれまでの事務仕事をずっと続けることに疑問を感じていました。

何か別の職業に就きたいと考えていたときに、ずっと以前から、細かい作業をする職人になりたかったことを思い出していました。

それとはまた別に、自分の爪にコンプレックスがあり、きれいな爪になりたいと思い、検索をしていたらラメリックをみつけました。

「探していたのは、まさにこういうハンドケア。早速、行かねば~」と予約を取ろうとしました。ですが、予約はすぐに取れずウエイティングという状態だったので、お手入れが出来るまで数ヶ月は待つことになりました。

ウエイティングに申し込みを完了してから、またラメリックのウェブサイトを見ていると、ちょうど育爪トライアル講座が募集を開始したばかりでした。

「え~い。どうせ待っているのならスクールに行って、自分でやってみよう~」と思い、すぐに申し込みました。

育爪トライアル講座を受けてみると、なかなか楽しかったので「え~い。どうせなら次の育爪ハンドケアコースもやってしまえ~」と、こんな調子でどんどんコースを修了して、いつの間にかラメリックで働いていました。最初は週1日から働き初めて、今は週4日になっています。

いざ働き出してみると、心配していたよりも体力的にきつくなく、技術も、それ以外のことも、とても楽しく充実した毎日です。

しかし、ハンドマッサージとフットマッサージを練習する時に何回も腱鞘炎になってしまい、練習が出来なくて悶々とする日々が続きました。

腱鞘炎になるのは、やり方自体が間違っていることがわかり、3歩進んでは2歩下がるを繰り返しながら、1歩1歩進んでいくのだなと思いました。

大事なのは焦らず無理をしないことだと、最近やっとわかりかけています。

♪本業をしながら週一回からスタート【10分39秒】保存する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やってみないと一生わからない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現時点では
「素の爪だけをお手入れするお店」
が存在することを知らない人が
ほとんどだと思います。

ましてや、
「素の爪のお手入れを仕事にしたい」
と感じる人はとても少ないと思います。

お客様の人数だけ爪の状態が違います。

縦すじがものすごく深い人もいますし、
噛み過ぎて爪がほとんどない人もいます。

足の小指の爪が見えないくらい小さい人もいます。
爪だけでなく指の形も違います。

爪や指がどんな状態であっても、
育爪サロンでは、素の爪のままお手入れして、
素の爪のまま、お帰りいただきます。

攻略したと思っても、またすぐに、
今まで見たことがないような爪の
お客様がやってきます。

積み重ねてきた経験と、
身に付いた技術だけが頼りです。

この事実を知った上でもまだ、
育爪サロンで働くこと、
将来小さくても自分のお店を持って
爪の仕事をすること、

その可能性が気になるのであれば、
ぜひ育爪トライアル講座を受けてください。

想像だけで判断した結論には、
モヤモヤした想いが残ります。

行動して、はじめて、
はっきりと分かることがあります。

もっとやってみたいのか、
選択肢から消去していいのか、
はっきりします。

どちらにしても人生が次の段階に進みます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自由が丘店の育爪スタッフを募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今、東京の自由が丘店では
育爪スタッフを募集しています。

もし興味がある場合は、
スタッフ採用情報をお読みください。

内容に共感した場合は、下のフォームに登録して
育爪トライアル講座の募集をお待ちください。

次回は2017年11月30日(木)に
東京の吉祥寺で開催します。

あなたと育爪トライアル講座で
お会いするのを楽しみにしています。

PAGETOP
Copyright © 育爪サロン ラメリック All Rights Reserved.
育爪,爪育,ikuzumeは有限会社リラロータスの登録商標です.