「zopf」ツオップという大好きなパン屋さんが千葉県松戸市の郊外にあります。
小さなお店ですが常時200種類ものパンが並んでます。
♪(´ε` )
このお店では最後のお客さんまでパンを選ぶ楽しさを感じてもらえるよう営業時間の最後までパンを焼き続けているそうです。
その為閉店後数多くのパンが残ることに…
ですがツオップは何と廃棄0のパン屋さんです!

大切なパンを廃棄するのは心苦しいと生まれた取り組み
「MOTTAINAI ZOPF」(もったいないツオップ)
メルマガに登録すると不定期で「今から受付ます」とメールが来ます。
そこで代金を済ませ申し込みをすると、番号が発行されます。自分の番が回って来ると箱一杯に詰められた冷凍されたパンが届きます。
閉店後残ったパンを冷凍し、送ってくれるのです。
(この申し込みは人気でなかなかの争奪戦!)

冷凍庫内の空間作りに励むこと数ヶ月ᕦ(ò_óˇ)ᕤ
先日運良く申し込みが出来た「MOTTAINAI ZOPF」が届きました〜♪

惣菜パン、デニッシュパン、ハード系、ソフト系…
トータル30個以上のパンが入っていました。
食べた事のないパンもたくさん入っていましたが、HPにパンの写真、材料、詳細が載っているので大丈夫です。これは何が入っているパンかな〜とHPで捜すのも楽しみの一つになりました。

お店で買う時はいつも並んでいる人がいるので早く選ばなきゃと焦り、どうしても好きな同じパンを選びがちです^^;
今回こんな風に届いた様々な種類のパンを食べてみると、意外なパンにハマったり、好みの傾向に気付いたり、新たな発見がありました!

「食品ロス」「フードロス」という言葉を最近良く耳にします。
賞味期限間近の食品を扱うサイトがあったり、スーパーでも不揃い品コーナーが珍しくなくなりました。
このパン屋さんのように様々な取り組みで廃棄しない方法がたくさん増えたらいいなぁと思いました〜