大阪 梅田と東京 自由が丘の素の爪のケアだけしかしないサロンです。自爪ケア・ネイルケアのみで、深爪、爪噛み癖、二枚爪、剥離は繰り返さなくなります。

育爪のメリット・デメリット

育爪のデメリット(短所)

  • 育爪は、時間がかかります。
  • 育爪は、目安として、手の爪で12週間(2週間ごと×6回)、足の爪で24週間(4週間ごと×6回)かかります。
  • 育爪は、1日に5~10回のオイル保湿を習慣化する必要があります。
  • 育爪は、爪を当てない指の使い方を習慣化する必要があります。
  • 育爪は、「育爪カットの長さと形」を維持する必要があります。
  • 育爪は、爪の悩みを生み出している思い込みを発見して変える必要があります。
  • 育爪は、健康できれいな形の丈夫な爪が育つ習慣を身につける必要があります。
  • 育爪は、サロンの施術だけでは完結しません。
  • 育爪は、あなた自身が変わる必要があります。
  • 育爪は、あなた自身が育爪習慣を実践する必要があります。
  • 育爪は、ネイルアートをしません。
  • 育爪は、カラーリング(ネイルポリッシュ、マニキュア)をしません。
  • 育爪は、ジェルネイルをしません。
  • 育爪は、スカルプチュアをしません。
  • 育爪は、爪磨き(表面研磨・シャイニング・バッフィング)をしません。
  • 育爪は、甘皮処理(爪表面と甘皮の間にすきまを作る)をしません。
  • 育爪は、矯正器具を使いません。
  • 育爪は、コート剤(ベースコート、トップコート)を使いません。
  • 育爪は、爪強化剤(ネイルハードナー、硬化剤)を使いません。
  • 育爪は、リムーバー(除光液)を使いません。
  • 育爪は、電動ヤスリ・金属製ヤスリ・ガラス製ヤスリを使いません。
  • 育爪は、ウッドスティック・メタルプッシャーを使いません。
  • 育爪は、巻き爪を治療しません。
  • 育爪は、爪水虫(爪白癬)を治療しません。
  • 育爪は、爪乾癬を治療しません。
  • 育爪は、イボ/尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)を治療しません。

育爪のメリット(長所)

  • 育爪は、深爪を解消することができます。
  • 育爪は、爪のピンク色の部分(ネイルベッド)を伸ばすことができます。
  • 育爪は、ピンクの面積を増やして大きくすることができます。
  • 育爪は、爪の形を細長くすることができます。
  • 育爪は、ふっくらとしたカマボコ形の立体的な爪にすることができます。
  • 育爪は、伸ばすと爪の先が扇型に広がってしまうのを解消することができます。
  • 育爪は、爪にゴミや汚れが溜まってしまうのを解消することができます。
  • 育爪は、爪の悩みを生み出す悪循環を断ち切ることができます。
  • 育爪は、サロンに通わなくても、自分自身で完結できます。
  • 育爪は、①オイルを毎日5回以上。②ピンクを伸ばす指使い。③育爪カットの長さと形。の3つの習慣で完結します。
  • 育爪は、3日坊主でも、続けられなくても、やればやった分だけ改善します。
  • 育爪は、爪噛み癖をやめることができます。
  • 育爪は、二枚爪を解消することができます。
  • 育爪は、欠けやすい爪,割れやすい爪・折れやすい爪を解消することができます。
  • 育爪は、黄ばみを解消することができます。
  • 育爪は、縦線(縦すじ)を解消することができます。
  • 育爪は、横線(横すじ、横みぞ)を解消することができます。
  • 育爪は、爪を健康にすることができます。
  • 育爪は、爪を丈夫にすることができます。
  • 育爪は、爪を本来の厚みにすることができます。
  • 育爪は、爪を柔軟にすることができます。
  • 育爪は、爪を衝撃に強くすることができます。
  • 育爪は、自分の爪そのものを綺麗にします。
  • 育爪は、飾ったり、隠したり、補強したり、矯正したり、長さ出しをする必要のない爪にします。
  • 育爪は、サロンでプッシャーマシンを使った薄皮処理をすると、振動効果で手足の指先の血行が良くなります。
  • 育爪は、自分の爪が好きになります。
  • 育爪は、自分のことが好きになります。
  • 育爪は、自信が湧いてきます。
PAGETOP
Copyright © 育爪サロン ラメリック All Rights Reserved.
育爪,爪育,ikuzumeは有限会社リラロータスの登録商標です.