爪が伸びる速さは?
爪が伸びる早さ(スピード)は、手の爪が1か月に3mm程度、足の爪が1か月に1.5mm程度とされています。

  • 手の爪は1日に約0.1mm伸び、30日間で約3mm伸びます。
  • 手の爪が長すぎると、爪に何かが当たりやすくなります。さらに、爪に何か当たったときに、テコの原理で大きな力がかかってしまい、爪が指からはがれやすくなります。短すぎると、指で何かを押したりつかんだりしたときに、爪が指に食い込んで痛みを感じる場合があります。

  • 足の爪は1日に約0.05mm伸び、30日間で約1.5mm伸びます。
  • 足の爪が長すぎると、靴の内部に当たって爪が衝撃を受け、表面に横筋(横線)がたくさん出来たり、爪が割れたりする場合があります。短すぎると、歩くたびに爪が足ゆびに食い込んで痛みを感じる場合があります。

    快適に過ごすには、手の爪は1.5mm伸びる15日または2週間ごとにカットすること、足の爪は1.5mm伸びる30日または4週間ごとにカットすることをお勧めしています。