爪を噛む癖や、爪むしる癖、爪をいじる癖を治す方法はありますか?

爪を噛んだり、むしったり、いじったりする主な原因は、ストレスと乾燥

ストレスを感じたときに爪周りが不格好だったり、ギザギザしていたり、はみ出していたりすると、「その部分を取り除きたい」、「なめらかにしたい」、と感じて噛んだりむしったりしてしまうようです。
醜いと感じる部分に八つ当たりしてストレスを解消している側面もあるようです。

一番、根本的で効果的な解決策は「人生には自分の思い通りにならないこともあるさ」、と何事にも動じない、ストレスと無縁の境地に至ることですが、もう少し簡単なことは、オイルを塗ることです。

オイルを塗ってストレス解消

育爪オイルを垂らす

爪の裏側にオイルを垂らす爪裏方式で塗ると指先がテカテカと光ってきれいに見えます。すると、八つ当たりする場所が見当たらなくなるので、噛んだりむしったりできなくなります。

さらに、爪が割れたり、ささくれたりしづらくなりますし、自分自身をケアする行為で自分のことが好きになってストレスが減りますので、一石三鳥です。

ストレス解消には育爪セサミがおすすめ

育爪セサミ

オイルは保湿力が持続するセサミユイール(デオドライズド_脱臭)がお勧めです。

噛んだりむしったりしたくなったら、すぐにオイルをつけてください。

オイルで手がベトベトになるのが嫌な場合は、余分なオイルをティッシュで軽く叩くようにして吸い取ってみてください。爪や爪周りの皮膚にはオイルが浸透して残っていますので大丈夫です。