布の手袋をすると返って手の油分と水分が奪われませんか?
布の手袋をはめることで、ほんの少しの油分と水分が手袋に吸収されるだけに抑えることができ、爪や手から失われる油分と水分が最小限になります。

手の油分と水分は「摩擦」によって失われます。布の手袋をはめることで、爪や手が布手袋と触れている部分がほぼ一体化して摩擦が発生しなくなるのです。そのため、布手袋が爪や手から吸収した油分と水分を保った状態になり、新たな吸収が発生しなくなります。

布手袋をしない場合は、物に触れるたびに爪や手から失われる油分と水分が奪われ続けるので、ぜひ布の手袋をしてみてください。

手袋をしていると、手荒れはなくなります。

冬の着替えに手袋ほめほめ【佛光寺】

育爪セルフケア オンライン練習会(育爪スターター4点セット込み)

自分ですっぴん爪を育てる方法

書籍「女は爪で美人になる」で爪の整え方を「文章」「イラスト」「写真」「動画」で説明しています。

「女は爪で美人になる」をアマゾンで購入する→https://amzn.to/2vNNFsR

女は爪で美人になる-育爪のススメ2

爪が欠ける・割れる・折れることがなくなる指の使い方

爪のピンクが大きくなる26種類の指使い 育爪ネイルベッド講座 無料動画レッスン