こんばんは~

嶋田 美津惠です

今日は

☆~~~~~~~~~☆

 しなくていいガマン

☆~~~~~~~~~☆

というハナシです

もうすぐ年越しなのに
東京は まだ紅葉が
キレイです

今年は暖かかったんですね~

今年を振り返ってみると
一番よかったことを思い出します

それは
何か新しいことが出来た
とか

自分が先に進んだ
という
「 前向きなこと 」
ではありませんでした

ずっと
悩んでいたことが
解決できて

「 苦しみがなくなった 」
「 マイナスからゼロになった 」
ということでした

悩んでいる期間が長かったので
悩みがなくなったときに
余計に 晴れ晴れしい気持ちが
大きかったのかもしれません

今年の4月に
梅田店スタッフの原さんから
お手紙をもらいました

―――ちなみに
このメールを 原さんに
事前に 読んでもらって
メルマガで送ってOKとの
お返事をもらっています

お手紙には
接客をすることに悩んでいる内容が
便箋3枚くらいにつづってありました

「 自分の接客に自信がないので
  お客様と会話しているときに
  これでいいのかな…
  と思っている
  その会話を ほかのお客様や
  スタッフに聞かれたくない 」

というようなことが
書かれていました

その手紙をもらったときに
どれだけ悩んで
打ち明けてくれたんだろう
と想像すると
胸が締めつけられる思いでした

すぐにメールで

「 教えてくれてありがとう~
  2人で一緒に考えましょう~ 」

と 返事をしたことを覚えています

それから電話で話したり
直接会って話し合いを
重ねました

直接会って話すと
アッという間に
2時間はたっていました

毎回 結果が出ずに
2人で帰り道に
悶々としていました

原さんは
「 仕事とは ある程度
  我慢をすることが当たり前 」
と 思っていたそうです

しかし
わたしと毎月会っていて

「 もしかしたら この人は
  イヤなことを我慢して
  働いていないのかもしれない 」

ある日 気付いたそうです

それを打ち明けてくれたとき
わたしにとっても
原さんの思い込みは
衝撃的なことでした

わたしは

「 みんなが好きなことを
  仕事にしていて

  大変なこともあるけど
  自分の人生の課題に向き合って
  葛藤しながら
  バージョンアップするたびに
  さらに仕事が楽しくなる 」

と考えています

その前提には

「 もしわたしが
  パソコン仕事が好きでなかったら
  我慢してやり続ける必要はないし
  頑張って好きになる必要もない
  人生の課題でもない 」

という
思い込みがあります

原さんと2人で半年間
いろいろな話し合いを重ねて
わたしがある日 気付いたことは

原さんにとって
ラメリックでの接客は
「 しなくてもよいガマン 」
だ!
ということでした

やっと結論が出た
と ルンルンで
原さんに話したとき

「 わたしは
  自分の課題から
  逃げたことになりませんか? 」

という返事が
原さんから出ました

そのときに
会社で激務が続いて
自殺する人の状態が
少しだけ わかりました

今の仕事を辞めたら
自分の課題から逃げたことになる
と感じる人も
いるのだと思います

いい加減なところが少ない人ほど
そうなるのかもしれません

原さんにいろいろな方向から話して

「 課題から
  逃げたことには ならない

  ラメリックという
  特殊な環境での接客を
  ラクにできるようになることが
  原さんの課題ではない 」

ということを
理解してもらえたときは
とても 晴れ晴れしい気持ち
になることが出来ました~

ラメリックを辞めた原さんは
新しい仕事に就くために
爪や接客とは まったくの畑違い
の スクールへ行っています

ラメリックでの接客を
「 もうやらないでいい 」
と想像したら
嬉しかったそうです

原さんが ラメリックに来て

「 ラメリックで ラクに接客
  できるようになること
  が 自分の課題ではない 」

「 しなくていいガマンもある 」

と体験してくれたことが
わたしにとって
本当に嬉しいことでした

一人一人が
特別な存在だから
好きなことも
嫌いなことも違う

自分の大嫌いなことが
別の人にとっては
大好きなこと
だったりします

だから 世の中
うまく まわります~

原さんが書いたメッセージは
こちらです
https://ikuzume.jp/archives/11130

よいお年をお迎えください~

では また~