おはようございます~

嶋田 美津惠です

今日は

☆~~~~~~~~~~~☆

  ガリだけで信頼できる

☆~~~~~~~~~~~☆

というハナシです

わたしは お寿司についている
ガリ が 大好きです~

しかし 最近は
化学物質過敏症 のわたしにとって
食べれないガリばかりで
悲しくなります

デパートで ある程度
値段が高めのお寿司を
買っても
お寿司やさんの
必ず 成分に
サッカリンが入っています

サッカリンは
以前はトルエンから
つくられていたそうです

今は 別の化学物質を
合成してつくられていますが

トルエンは
わたしが 化学物質過敏症
になった 原因物質です

人工甘味料でなく
砂糖を使ってくれたら
食べれるのに~

と ガリ を捨てるときに
悲しくなります

どこで お寿司や海苔巻き
を買っても 一番先に
ガリの全成分を見てしまいます
わずかに期待をしながら・・・

半年ほど前のある日
いつものように
京都 から 東京 へ帰るときに

新幹線の中で
食べるお昼ご飯を探しに
JR京都伊勢丹 の
食品売り場 へ 行きました

売り場の角に
その場でお寿司を作ってくれる
お店がありました

店の名前は
「 ひさご寿し 」
と書いてあります

押し寿司の 「 切り口 」
を見ただけで
美味しさが 想像出来る
お寿司が並んでいました

小さめの折(おり)
を一つ買いました

のぞみに乗って
そんなに期待せずに
いつもの癖で

ガリが入った透明な袋を
ひっくり返して
全成分を見ました

「 生姜 砂糖 酢 」
と3つだけの成分を
見たとき
座席に座ったまま
小躍りしてしまいました~

とうとう ガリを
天然の素材だけで
手作りしている
お持ち帰りのお寿司屋さんを
探し当てました~

まるで宝クジに当たったようでした~

味は見た目どおりの
美味しいお寿司でした

一折 食べ終わると
幸せな気分に
ひたれます

そのとき以来
京都から帰るときは
ほぼ毎回 JR京都伊勢丹へ行き
ひさご寿しさん 指名買いです

つい先日食べた
季節限定の折は

「 神無月(かんなづき) 」
という名前で 1,188円でした

いい名前ですね~

チラシ寿司半分 と
鯖の押し寿司が 3切れ
入っていて

チラシ寿司の上には
エビが食べやすく半分に切ってあり
でんぶが乗り

小さく刻んだ三つ葉も乗っていて
錦糸玉子 が
全面に敷き詰められています

鯖寿司の上に昆布が乗り
鯖の下の寿司飯のなかには
小さく刻んだ生姜と大葉
が入っていました

そして
美味しい 美味しい
ガリ もあります

毎回 この折は

食べ始める前
食べている最中
食べ終わった後

と 最初から最後まで
幸せな気持ちが
長~く 続きます~

ガリ に 人工甘味料
を使うことが当たり前になった
最近では

逆に ガリ の全成分
だけを見て
良い店がわかるように
なってきたのかもしれません

信用はいろんなところに 隠れていますね~

ひさご寿し 京都・四条河原町→http://www.hisagozusi.co.jp/

あと おしらせです~

東京の 市ヶ谷 と 新宿
で 育爪講座 を 今月と来月
に開催します~

朝日カルチャーセンター → https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/3927ea1a-41b1-499f-1126-5b449164e0dd

家庭画報 の 出版社
が 運営する
セブンアカデミー → https://academy.sekaibunka.com/sebun/asp-webapp/web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=135407#program-shosai-table
です~

「 爪の育て方がよくわからない 」
「 爪やすり方を練習をしたい 」
という場合は ご参加ください~

では また~