ca3f01650001 ca3f0166 ca3f0168

うどんが大好きなおこちゃまは、人生初のうどん作りに挑戦しようと思い、
作り方の本を見ながらまずは麺棒と粉を買いに行こう!と思っていました。
すると偶然にも、お客様Yさんから「うどん作りセット」を頂いたのです。

会社の旅行で香川に行った時に、みなさんでうどん教室に行かれ、
その時のお土産でうどん作りセットをもらったそうです。
大変だから家では作らない~!と、おこちゃまにくれたのでした。

Yさんから大変だと聞き、よけいに張り切ってしまうおこちゃまです。
さっそく作ってみました。

何度か作り方を本で読んだ事があったのですが、
生地を作る時の水と塩加減がポイントみたいです。

季節や湿度などによっても水の量が変わるので難しい!とどの本にも書いていました。
手作りセットの中にも目安の分量が書いてあり、
部屋の温度を考えて慎重に計りながら
水に塩を混ぜてその塩水を粉に少しずつ足し、こねていきます。

はじめはバラバラの粉もだんだんとまとまってきて、形らしくなってきました。
思っていたより生地がかたく、力がいり腕はすぐにパンパンに張りました。
30分ほどしたらまとまってきたので、袋に入れて足で踏んでいきます。

この作業がおこちゃまはやりたかったんです!

小さい頃に覚えているのが、
家の近くのうどん屋さんに行くといつも店の横で
ご主人が足のかかとで踏みながらうどんを作っている工程を見て、
料理が運ばれてきても飽きずにずっと見ていました。

その作業をいつかはやってみたいと思っていました。
楽しみながら踏んでいると、
あっという間に耳たぶくらいの柔らかさになり、丸めて2時間半ねかせました。

時間が経ち、生地を麺棒で伸ばしていきます(写真左)。
この作業は均等に力を入れ伸ばすのが難しかったです。

そして、伸ばした生地を重ねて好みの太さに切っていきました(写真中央)。

最初にしては上出来ですが、まだまだこれじゃ、お客さんには出せないなぁ~と
本当にうどん職人になったかのような気持ちでやっている自分に笑けてきました(笑)

そして、麺を茹でて卵とネギとだしをかけて出来上がりです!

茹でると麺が膨張して太麺になってしまいました!
見た目はきしめんですが(笑)味はバツグンに美味しかったです。

次に作る時は少し細めに切ってちょうどいいくらいかもしれません(^_^;)

Yさんの言っていた通り、時間もかかるし大変だけどすごく楽しかったです。
また作ってみたいと思います~。