こんにちは~

嶋田 美津惠 です

今日は

☆~~~~~~~~~☆

 命に嫌われている。

☆~~~~~~~~~☆

という ハナシ です

きっかけは

育爪アドバイザー1期の
参加者のMさんからの
LINEメッセージ でした

==========
私もマインドを、
書き換え続けようと思いました。
自分の本来の爪=深爪で諦めた状態を、
自分の本来の爪=育爪でキレイな状態に♪

どこかでキレイな爪は、
"自分らしくない"と否定していることに気付きました。
そんな中、ある歌に出会いました。
十代の女の子に教えてもらいました。
聴くたびに泣けて仕方ありません。
深くブロックしていた感情が清算されつつあります。
育爪は、
自分の中に置き去りにされた
小さな私を見つけてくれ、そして、
手を差し延べ続けてくれてます。
育爪さん、ありがとうございます。
今度はあきらめず、見捨てることもせず、
何度も何度も再生し、可能な限りの、
トキメキの指先になってみます。
==========

という メッセージでした
わたしの中で
強烈に飛び込んできた言葉は
==========
自分の中に置き去りにされた
小さな私を見つけてくれ、
==========
でした

「 いったい 何を
  置き去りに したのだろう? 」

と想像すると

気になって 気になって
仕方がありません

Mさんとは 夜に電話で
お話しが出来ることになったので

十代の女の子に教えてもらった
という歌 を 聴いてみました

「 命に嫌われている。 」
という なんとも
インパクトのあるタイトルです

十代に人気がある歌だからか
歌詞の意味 が 難しすぎて
よくわかりません

何度も 何度も 聴きました

最初から最後まで

Mさんが言っていた

「 聴くたびに 泣ける 」

という言葉に
わたしにも うなずける
歌詞がありました

「 明日 死んでしまうかもしれない
  すべて 無駄になるかもしれない 」

という 2行 でした

わたしには
まったく その通りに 考えていた日々が
ありました

16年前 に 化学物質過敏症
と 診断されたころです

何年も 自分の体調不良の原因がわからず
やっと 病名が診断されて
心底 嬉しかったのも つかの間で

その後すぐに

処方はない 対処法もない
もう治らない

と 告げられました

毎日 38度の熱 が続き
朝 目覚めたときに
今からまた寝なくてはならない
というほど 疲れが取れていませんでした

「 健康 」
「 大好きだった仕事 」
「 一緒に働いてきたスタッフ 」
「 長年のお客様 」
「 収入 」

何もかも 失いました

「 もう これ以上
  マニキュアを塗ると
  あなたの寿命が短くなるのも
  同然だから
  すぐに やめなさい 」

と 医師から告げられたとき
最初は その意味すら
わかりませんでした

ある日を境に

今まで使っていた化粧水が
痛くて塗れない

雑誌からガスが出ているようで
読めない

化粧をしている人の前に行くだけで
息苦しい

何かの魔法 を
かけられているようでした

わたしの周りにいる
お客様 や スタッフは
何も体調が変わらず

わたしだけが
脳 や 神経 にダメージを受け
くわえて 免疫が 急激に低下
してまったんです

「 ネイリストは みんな
  マニキュアを塗っているのに
  なぜ わたしだけ こうなるの? 」

「 なぜ わたしなの? 」

「 取り返しのつかないこと
  になってしまった・・・ 」

こんなことばかりが
繰り返し 繰り返し
頭の中に浮かんできました

夢なら覚めてほしい
と 何度思ったか わかりません

でも 誰のせいでもない

自分が 好き このんで
12年間やってきた結果 でした

自分をうらむしかなかった のですが
うらむ時間がもったいない と感じ
今に焦点を当てて 考えてみました

そこで わたしは

「 自宅にいても 外に出ても
  体調が回復しないのなら

  病気に殺されるまで待っていないで
  体にいい マニキュアを探そう!
  探せなかったら 作ろう! 」

そのように 思い
毎日毎日 仕事に出かけて
模索していました

今 考えると 吹き出して
笑ってしまうのですが

「 病気に殺されるくらいなら
  病気と刺し違えてやる! 」

と 野蛮なことを
日々考えていました

たった2行の歌詞を聴いただけで
このときのことを思い出しました

歌い手の「まふまふ」さんの
叫びとも思えるような歌声が
わたしの心に刺さったのでしょう

わたしも Mさんが 書いてくれた内容を
ほんの少し 察することが
出来たのかもしれません

Mさんに その夜 電話をして
真意をきいてみました

すると

Mさんには たくさん
きょうだい がいたので
自分のことだけを 優先出来ない
境遇だった

と お話ししてくれました

歌によって思い出した
お互いの境遇を
2人で 語り合いました

Mさんが
==========
私もマインドを、
書き換え続けようと思いました。
==========
と感じてくれたことが
何より嬉しかったです

そして 自分のことを
振り返ってみると

16年前に比べて
育爪に共感してくれる たくさんの人
に囲まれていることに 気づけました

育爪に共感くださって
ありがとうございます

++++++++++
命に嫌われている。
作詞 カンザキイオリ
作曲 カンザキイオリ
歌手 まふまふ
https://youtu.be/eq8r1ZTma08
++++++++++

まふまふ さんは
男性だそうです

では また~