こんにちは~

嶋田 美津惠 です

今日は

☆~~~~~~~~~☆

 育爪の最終関門

☆~~~~~~~~~☆

というハナシです

もう何年も通っている
お客様から 改まって
質問されました

『 だいぶ爪が強くなって
  あんなに 割れていた爪が
  もう全然われなくなったのよね~

  でもピンクの部分が
  まだ短いままなの…
  もっと伸びるかしら…? 』

私が見たところ
その方のお爪は
まだまだピンク部分が
伸びそうでした

なので
「 ピンクの部分は
  まだ伸びますよ~
  でも白い部分が
  短すぎるかもしれません 」
と お伝えしました

そうすると…
『 爪の先の白い部分を
  長くしないといけないのね?

  私は ラメリックさんに
  定期的に通っている合間に
  自分で白い部分を
  爪ヤスリで削っていたわ~

  削らずに そのままの状態で

  ラメリックさんに来たほうが
  いいのかしら? 』

「 はい~ ぜひ~
  こちらでお手入れしたら
  次のお手入れまで そのままで
  ご来店いただいても いいですか~?

  白い部分の長さが ある程度ないと
  ピンク部分が増えないんです~

  ピンク部分が
  【よし!これから長くなるぞ~】
  と 思った時に
  白い部分が無くなってしまうので
  長くなれないんだと思います~

  白い部分が少しあるときに
  爪が当たらない指使い
  で 生活したら
  白い爪の部分と指がくっついて
  ピンク部分になってくれますよ~ 」

この会話を
わたしは 繰り返し 繰り返し
お客様としています

この理論が
一番 お客様にとって
難しいのかもしれません

わたしは 25年間
この会話を 繰り返しています

通算で話した回数は
1万回を超えると思います

1日3回としても
年間240日間で
年720回

それを25年間だと
18000回です

1人のお客様に
何度も何度も
繰り返し お伝えする
からなんです~

これが 育爪の
最終的な理論
なのかもしれません

これが理解できて
指の使い方が 体に入ったら
育爪は卒業
と言っても 過言ではない
かもしれません

1.理論が分かっていない人

2.理論はなんとなく分かるけど
  本当かな? と半信半疑の人

3.理論は分かっているし
  ほかの人は長くなっている
  ようだけど 自分も
  長くなるのか不安な人

4.理論は分かっているし
  爪を当てない指使いを
  実践しているけれど
  何が原因で ピンクが伸びない
  のか分からない人

そんな 4つのタイプ
のお客様に 毎回毎回
必ず 爪は変わりますよ~

と 語りながら
ピンクを伸ばすには

★白い部分の長さが必要
★爪を当てない指の使い方が必要

ということを繰り返し
お伝えします

毎回 同じ内容 ですが
わたしの 自身満々な気持ち
を 察すると お客様は安心して
少しずつ 行動を変えてくれます

そうすると ホントに爪が変わります

単純なことほど
難しいのかもしれません

これからも 育爪理論を
信じてもらって

ピンクが大きくなったと
喜んでいる人たちを
増やしたいと思います~

では また~