こんばんは~

 

育爪スタイリストの

嶋田 美津惠 です

 

今日は

 

☆~~~~~~~~~☆

嵐の合間で

☆~~~~~~~~~☆

 

という ハナシ です

 

前回の

「 ショーツがない 」

の続きです

 

沖縄本島の旅 の

2日目になります

 

夫とわたしは 水着を着込み

くぎちゃんの車 で

瀬底島(せそこじま)に

3人で 向かいました

 

途中で 雨が

ザーザー降ったり

やんだりしています

 

海岸沿いの道から見える海は

茶色くにごっています

 

瀬底島 は 島 といっても

橋 で 沖縄本島と

つながっているので

車で行くことができます

 

まず

ヒルトン沖縄瀬底リゾート

という ホテルの目の前にある

「 瀬底ビーチ 」

に 向かいました

 

瀬底島のビーチの中でも

海の透明度が一番

と いわれている浜です

 

行ってみると

駐車場 自体 が

円すい形のコーン と ロープ で

閉ざされていました

 

仕方なく Uターンして

来た道を 引き返しました

 

「 もしかして

ヒルトンからなら

ビーチに行けるかも? 」

 

ホテルに 宿泊していなくても

瀬底ビーチ を利用できるか

確かめよう と思って

 

ホテルの玄関前 に 車をとめて

お手洗いを借りに行きました

 

そして そこで

働いているお兄さん に

聞いてみました

 

「 瀬底ビーチ は

誰でも入れますか? 」

 

すると お兄さんは

 

「 誰でも入れますが

今は 緊急事態宣言 が

でています

 

海の家 や シャワーも

閉まっているので

どなたも入らないかと思います 」

 

ということでした

 

それを聞いて

 

雨が降っている中

海に入ってもOKな人

 

シャワーを浴びないで

ずぶ濡れのままでもOKな人

 

じゃないと入れないな~

 

と 思いました

 

わたしの身体は

自律神経が効きかないので

海に入ると どんどん

体温が下がってしまいます

 

もし 水温が30℃ あったとしても

体温が 水温まで 下がってしまうので

 

爬虫類などの 変温動物みたいに

身体が冷えて 動けなくなってしまいます

 

わたしたちは

また 車に乗り込み

別のビーチを探すことにしました

 

瀬底大橋 渡ったときに

橋のすぐ下に ビーチがあって

少し人がいたのが 見えていたので

スマホで調べてみました

 

すると そこは

「 アンチ浜 」

というビーチでした

 

ちいさなビーチ で

入り江になっています

 

行ってみると

小雨が降る中

スノーケリング を

している人たち が いました

 

身体が冷えてしまうわたし が

曇り空 の 下で

海に入ること は

まずありえない ことです

 

夫は

 

「 いまなら 雨もやんでるし

ほかの場所と違って ここは

嵐の後なのに にごってない

こんなチャンスは めったにない 」

 

と言って そそくさと

海に入っていきました

 

それを見ていた わたしも

 

「 でも どうせ

水着を着ているし

ここまで来たのだから

この際 入ってしまえ~ 」

 

という 勢いで

スノーケルセットを車から

持ってきて 海に入りました

 

入ってみると

水 が あったかい・・・

 

いつも すごく冷たく

と 感じるのに

予想に反して

温かく 感じました

 

また 晴れていてこそ

海の中は 透明感が出て

きれいに見えるものです

 

でも 空は曇っているのに

海の中が むちゃくちゃキレイ

に見えました

 

どれだけ

透明度が高いんだろう~

と びっくりしました

 

とても浅いのに

お魚も ウヨウヨ います

 

いつもわたしが一緒に

遊んでもらっている

青い ちっちゃいお魚 や

 

黒い縞 が はいったお魚

が いっぱい います

 

食べられるような大きな魚

も 大群で泳いでいます

 

夫は ラッキーなことに

隠れていない 「 クマノミ 」 さん

を 見たそうです

 

わたしは

カクレクマノミさん が 大好きで

恋人のように感じているので

 

「 クマノミ 」

と 聞いただけで

元気がでます

 

そろそろ 身体が冷えそうな

感じがしたので

1時間足らずで

わたしは海から上がり

 

シャワーを借りて

浴びることにしました

 

海の家のシャワー は

簡易的なもの という

イメージがありましたが

 

こちらのシャワー室は

スペースも広く

お湯の温度も 量も

ちゃんとしていました

 

たっぷりの温かいシャワー が

気持ちよくて

 

今日はもうお風呂に入らなくても

大丈夫かも~

と 思いながら

 

頭からシャワーを浴びて

身体を温めました

 

すると いきなり

大きな水音 が

聞こえました

 

ほかのシャワー室の音かな?

一部屋かと思っていたけれど

ここのシャワーは大きいんだな~

それにしてもすごく水が流れてるな~

 

と 思いました

 

でも あまりにも音が大きいので

すこし おかしいな?

と 感じました

 

シャワーを出て

小雨の中

海の家へ戻りました

 

海の家では くぎちゃん が

心配そうに 待っていてくれました

 

すると くぎちゃんから

「 大丈夫だった? 」

と 聞かれました

 

わたしが

シャワーを浴びている間に

 

なんと

昨日のような大嵐になっていて

見たこともないような

大波が立って

 

バケツをひっくり返したような大雨

が 降っていた と いうのです

 

わたしが聞いた水音は

シャワーの音 ではなく

大雨の音 だったのです

 

またもや 嵐に

直接 会わずに済みました

 

そして 夫も

雲が集まってきて

濃い灰色になっているのと

稲光が光るのを見て

 

まずいと思って

早いうちに 海から上がったそうです

 

くぎちゃんは

わたしたち 二人が

大波に飲み込まれていないか

心配で 心配で

仕方なかったようです

 

わたしたちふたり は いつも

大変な状態 に

会わないで済んでいて

 

「 世の中は平和だなぁ 」

 

と 思っているのです

 

ちょっと おめでたいふたり

かもしれません

 

そんな 嵐と嵐 の

すき間で お魚さんと会って

また くぎちゃんが運転して

次の場所に

連れて行ってくれました

 

くぎちゃんのお友達 で

民泊(みんぱく)をしている

安谷屋(あだにや)さん

ご夫妻のおうちです

 

その おうちには

ケンさん 直子さん と

 

そこに 居候して

料理を作っている サイさん

の3人がいます

 

安谷屋さんは 今のところ

友人やその紹介の人など

つながりのある人だけ

民泊をしているそうです

 

そちらが 2日目の宿 に

なりました

 

夕ご飯 が始まるときに

もう一人 加わりました

 

わたしと名前が一字違い の

シマダ ミツミ さん

という 女性 です

 

そのときは まだ

これから とても

深くて 濃い 6時間が

待っているとは

思いもしませんでした~

 

では また~

 

追伸:

 

アンチ浜はこんな感じです

https://bit.ly/Anti-hama

 

夫は いつものように

iPhone12mini

を 防水ケースなしで

直に海に入れて

動画を撮っていました

 

後で 真水 でよく洗って

しっかりと 乾かせば

問題ないそうです

 

ただし 今回は

ずっと雨が続いていたので

湿度が かなり高くて

なかなか 乾かなかったようです

 

「 Lightningコネクタで液体が検出されました 」

と 警告メッセージが出て

焦っていました~

 

結局 安谷屋さんの

泊まった部屋にあった

除湿機のおかげで

 

無事に 乾燥できて

充電できたようです~

 

夫が撮影したアンチ浜のお魚たち

https://www.youtube.com/watch?v=mJ2Co6Tfg0I&list=PLWg-uYKjyxLcBxpVLBRObYRI43cVQmFjL&index=6

クマノミは写っていません~