こんにちは~

嶋田 美津惠です

今日は

☆~~~~~~~~~☆

ハイジの接客

☆~~~~~~~~~☆

というハナシです

先日 6か月間の
育爪アドバイザー養成コース
第0(ゼロ)期
全14回が終了しました

今まで開催したことのない内容で
テスト的な開催ということで
ゼロ期でした

これまでやってきたスクールは
テストが出来ても
出来なくても
デイプロマ(修了証)が出ました

今回のスクールは
修了しても修了証は出ません

いくつかある
テストにすべて合格したら
育爪アドバイザーという
肩書きを名乗ることができます

ラメリックのホームページでも
育爪アドバイザーとして
紹介されます

本当に技術が安定していて
知識もあり
接客もしっかり出来る

そして 一度来たお客様が
リピーターになる

そんなことが出来る
育爪アドバイザーを
育てるためのコースでした

今回のコースの期間内では
誰も合格しませんでした

もし仮に
技術が安定していなかったり
しっかりした接客ができていない
にも関わらず

育爪アドバイザーという
肩書きが付いてしまったら

その肩書きを信じて
訪れたお客様が
満足のいく施術や
接客が受けれなければ

繰り返し来店したいとは感じない
のではないかと思いました

初めて訪れたお客様が
それっきり
来店してくれなかったら
ずっと 集客をし続けなければ
いけないことになります

実際に お客様と生徒さんの
役に立つことって何だろう?

ずっと こればかりを考えていたら

一人のお客様が繰り返し来店して
くれることだと気付きました

しかも 何年間も
出来るだけ長い期間にわたって
来店してくれることです

いったい わたしは
今まで
どうやっていたんだろうと
自分自身に問いかけました

お客様の爪の悩みを聞く
どんな点に悩んでいるかを聞く
どんなふうな爪になりたいかを聞く

それらは すべて
「 外枠 」
でしかありません

先入観を持たずに
新規のお客様の施術に
入るときの気持ちの状態とは…

うまくたとえを使って
伝えることが出来ません

言葉を並べて 思いを表現することは
とても 難しいことでした

悶々と悩んでいました

ある日
街を歩いていると

歌が聞こえてきます

それは 続きをすべて歌えるくらい
記憶に焼き付いている歌でした

♪くちぶえは なぜ
遠くまで 聞こえるの~

あの雲はなぜ
わたしを待ってるの

教えて おじいさん
教えて おじいさん
教えて~ アルムのもみの木よ~♪

アルプスの少女ハイジ の主題歌です

ヨーデルのバックコーラスが
流れると

ハイジとヤギたちがアルプスの山を
登っている光景が浮かびます

もし
ハイジがお客様に対応したら

と 考えると

まず 笑顔で迎え入れてくれて
親身に悩みを聞いてくれて
励ましてくれて
お客様が出来るまで待っててくれて

爪の成長を祈りながら
次回の来店を心待ちににして
くれそうです

そんなことをしてくれたら

「 も~ こんなにわたしの
  ことを想ってくれる ハイジに
  わたしの爪を 手も足も
  預けよう~ 」

と 思ってしまうはずです

生徒さんのみなさんに
アルプスの少女ハイジのアニメの
最初の29分間
を観ていただきました

すると わたしが
言葉を並べて表現するよりも
ハイジの心構えが伝わったようです

半年間14回にわたって
講座をやってきて
生徒のみなさんの 心の変化
が目に見えてわかり

わたし自身も
このコースを作って
本当に良かったと
思えました

0期生の人生ドラマが
たくさんありました

笑ったり 泣いたり
同じ時間を 共有する仲間だけの
固い結束も生まれます

スクールの開催日だけではなく
チャットワークで毎日メッセージを
読み書きしていると

一人一人が何をして
どんなふうに考えているかも
わかるのでしょうね~

「 類友 」
が集まったせいも
あるかもしれません

ドキドキから始まった
第1日目 に比べて
第14日目 が終わるころには
生徒さん全員が
以前より幸せになった気がしました

もちろん 以前より
技術に自信が持てた
ということもありますが

なりより 同じ志で
同じものを目指す
「 仲間 」
が出来たことが
より幸せになった理由
ではないかと思います

メンバーの誰にでも
何でも聞けるのは
安心できますよね~

わたしの
0期生のサポートは
まだまだ 続きます~

育爪アドバイザーを目指して
テストにチャレンジする機会も
何度でもあります

そして また
4月から11月までの7か月間にわたる
育爪アドバイザー養成コース第1期
の募集が始まります

今度は 期間が1か月
回数が2回増えて
全16回のコースです

気が引き締まる思いです~

0期に参加した
自由が丘店スタッフの欠端さんの声です~
https://youtu.be/-v5pTaJF5z8

では また~