こんばんは~

嶋田 美津惠 です

今日は

☆~~~~~~~~~☆

  食品で髪の毛を
  トリートメント

☆~~~~~~~~~☆

という ハナシです

わたしは 「 ヘナ 」
で 白髪 を染めています

オレンジ色のヘナで
たまに自分で染めます

オレンジヘナ は トリートメント効果
があると言われているので
髪全体に染めます

そして
インディゴ(藍)とオレンジヘナ
が混ざった ブラウンヘナ を

美容院で 髪の根元にだけ
染めてもらっていました

ある時期から なぜか
オレンジヘナを
自分で染めることを忘れていたんです

ブラウンヘナだけを
美容院で染めてもらうことが
何度か続いていました

ある日 自分の髪ではないくらい
パサパサになっていたことに気づきました

慌てて
「 オレンジヘナをしていないからだ! 」
とオレンジヘナの存在を思い出して
すぐに自宅でオレンジヘナで染めました

わたしの髪の場合
ブラウンヘナ ばかり使っていると
髪から 水分と油分が 失われて
「 まるっきり別物 」
になってしまう ようなんです

ところが オレンジヘナを使っても
少しだけ
本当にスズメの涙ほどくらいしか
髪質 が変わりません

例えると 触り心地が
ゴワゴワ ボソボソ になっていた髪が
ゴワ ボソボソ くらい
の変化でしょうか

「 一度傷んでしまった髪は
  そんなにすぐには
  復活しないだろうな 」

と一人で納得して
少しへこみました

大反省して 美容院でブラウンヘナを
染めてもらうときに
今後 毛先には オレンジヘナ
を 染めてもらうことにしました

ある日 友人の結婚披露パーティー
に 出席するために
その会場の近くの美容院へ
下見に行きました

・化学物質過敏症であること
・ヘアスプレーをすると気絶するかもしれないこと
・毎回 水飴 でヘアセットしてもらっていること

などを説明して 当日の服の写真を
スマホでお見せしました

担当の方は 注意深く話しをきいてくれて
当日は 想像以上の仕上がり
になり 大満足でした

その美容院はたまたま
1階も2階もあり

2階を貸し切りにして
セットしてくれました

わたしの セットされた髪の毛は
水飴で 全体がテカっていました

触ると ベトベトして
指にくっつきます

その夜は いつものように
ただお湯で洗い流すだけの
湯シャンのみ です

湯シャンすると
さきほどのベトベト感は
一瞬で どこかに消えてしまいました

洗ってドライヤーで
乾かしてみると

髪の表面 が
ツルっとしていました

指どおりが
いままでと 全く違います

まるで
「 5年くらい前の髪質 」
に戻っているように感じました

何より 乾かしただけなのに
普段の髪型とは 全く違っていたんです

自分の顔を鏡で見ると
顔の印象も
若くなった感じがしました

最近 ご縁があった本

「 女の運命は髪で変わる 」 に

女性は髪を変えると
3キロやせるよりやせて見える

という感じのことが
書いてあったのを思い出して
大納得しました

髪質が変わっただけで
前日とは 別人の顔
に なっていたのですから

ここで 水飴はどういうものか
調べてみました

昔ながらの作り方は
米を炊いてお粥状にしたものに
麦芽を加えるそうです

米水飴 や 麦芽水飴
と 呼ばれています

安い値段で売られている
「 水あめ 」 と書かれたものは
遺伝子組換とうもろこし から
大量生産されたものだそうです

知らずに買ったものが
270円の「 水あめ 」
だったので

900円の「 有機玄米水飴 」
を 買い直しました 笑

水飴を髪にぬると
とっても ベタベタ するので

水飴を お湯で薄めて
少しやわらかくしてから

髪の毛 が 抜けないように
慎重に 塗ってください~

女の運命は髪で変わる
https://amzn.to/2xbPmgC
※この本に水飴トリートメント
のことは書かれていません~※

では また~

追伸:

前回のメール
「 人はみんな魔法使い 」

「 そりゃ こんなに 睡眠不足
  だったんだから 右胸のガン細胞を
  殺せなかったかもしれないな~ 」

と書いたことで 心配してくださった方が
いらっしゃいました~

お気遣い ありがとうございます~

そして
ご心配をおかけして すみません~

わたしは「 ガン 」と診断されていません

「 睡眠不足で
  免疫が下がっていたかな~? 」
という意味でした~

紛らわしい表現でごめんなさい~

==========

東京都福祉保健局
免疫細胞は、できたばかりのがん細胞を攻撃して死滅させます

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/iryo_hoken/gan_portal/research/about.html

==========