こんばんは~

嶋田 美津惠 です

今日は

☆~~~~~~~~~☆

  水 と 空気

☆~~~~~~~~~☆

というハナシです

大阪への 出張中期間 に
ホテル に泊まるのではなく

京都 に 部屋 を借りて
住むようになって
2年半 が経ちました

マンションのある場所が
交通 や 買い物
の便がとても良く

最初はご機嫌だったんですが
数か月して その部屋に
難点があることに気づきました

洗濯機 置き場 のあたりが
とてもにおうんです

それがドブのようなニオイで
どうにも我慢ができません

夜トイレに行くと
くささで 目が覚めます(笑)

管理会社にたずねると
完成後 18年間も

排水管の高圧洗浄を
やっていないことが
わかりました

建物の所有者さんが
建築時に
排水管の高圧洗浄は不要
という説明を受けたそうで

それを理由に
提案しても 承諾が得られず
ずっと やっていない
とのことでした

そうなると ダメなところ
ばかりが 気になります

水道の水も においます

水道管 直結方式 ではなく
貯水槽方式 のため
新鮮な水 が 供給されません

どうやら
貯水槽の掃除も
やっていないようです

さらに 換気扇からも
変なニオイがします

最初はいいところばかりが
目につきましたが

実際に暮らしてみると

排水溝からのニオイ
換気扇からのニオイ
水道水のニオイ など

空気 と 水 という
もっとも基本的なところが
不快に感じるようになってきました

京都に滞在するのは
毎月1週間から10日間くらいですが
それでも我慢するのが
大変になってきました

そこで
・排水管の高圧洗浄を定期的にしていること
・水道管 直結方式 であること
・南向きであること

これらの3つを条件に
去年の10月から
引っ越し先を探しはじめました

京都 は 貯水槽方式が多く
高圧洗浄 をやっているところも少なく

これらの2つの条件は
仲介する不動産会社では分からない
ことが多いため

物件を管理している会社に
問い合わせてもらったりして
時間がかかります

ましてや 南向きの物件となると
物件が かなり限られます

南向きとはいっても
実際に部屋を見てみると

窓のすぐ目の前に
同じ建物の別の部屋の壁があって
一日中 日光が入らない
という物件も いくつかありました

出張のたびに 部屋を内覧したり
建物の共有部分だけ
案内していただいたりして

8か月目に ようやく
3つの条件をクリアした
物件に空き予定が出ました

そこは超人気物件で
空き情報が出回る前に 内覧せずに
埋まってしまう という説明でした

本当は内覧したかったのですが
めずらしく夫が
内覧しなくて決めていい
と言い出し

結局 内覧しないで
間取り図 と 共有部分
だけを見て決めました

決め手となったのは
お会いした大家さんの
人柄のよさでした

この人が大家さんなら
管理がしっかりしていて
不快さを感じることは
ないだろうと感じました

8月末に
無事に引っ越しを終え
2週間くらい
そこに住んで感じたことは

まず どこも におわない

それが 当たり前ですよね(笑)

換気扇からも
洗濯機の排水溝からも
水道水からも
変なニオイがしません

ただこれだけなのに
それが 大きな大きな
違いでした

京都滞在のときに
自宅でも 自炊するようになり
自宅の滞在時間が長くなって
ゆっくりくつろげるようになり
結果的に疲れなくなりました

夜中に トイレに起きても
目が覚めないので 布団に戻って
すぐに熟睡できます

ニオイがなくなったせいなのか
水がキレイと感じるようになったせいなのか
病気にならないんです

いつも 京都滞在のときは
疲れて 病気になるな~
という意識がありましたが

部屋を変えただけで
なんの悩みもなくなりました~

お風呂にも
安心して入れるようになりました

以前は 水道水が汚い
と感じていたので
その気持ちが 病気を呼んでいた
のかもしれません

これからは 水や空気などの
衛生状態 を 優先に
引っ越し場所を探そうと思いました

人の体はほとんどが水で出来ているので
水が一番大切なのかもしれないと
当たり前のことに気づけました

それを教えてくれた
前のお部屋に感謝です~

そして 2年半 お世話になり
ありがとうございました~

追伸:

新宿 姫路 広島 埼玉県上尾市 で
今年最後 の 育爪講座 をします

育爪を習慣化 したい場合は
ぜひご参加ください~
https://ikuzume.jp/school/culturecenter